FC2ブログ

之島日記 -

02« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04
03

03

10:54
Mon
2014

No.0718

2月19日(水)


予定日より15日早く、女の子を出産しました!(ムギ)です。(カ)はずっと女の子やで、と言っていたので大当たり◎
今回は産後が色々あった~!

2月19日(水)朝6時半、お腹の張りで目覚める。今日がちょうど(カ)が産まれたのと同じ週数の37週6日なので、もしかして?と思い時計チェック。次は7時前にまた張り。下腹部だけでなく、尾骨付近もミシミシしてる感じ。

(カ)が起きて一緒に朝ごはん作り。痛みは立ち止まるくらい。うーん、やっぱり今日かも?と起きてきた(健)に一応心構えしといて、と。
トイレに行くとさっきより強い痛み。これは来たな、と健に保育園の送りを頼むも、「かあちゃんと行く!」とのこと。痛みの感覚は15分くらいなので、落ち着いたらすぐ出発して保育園へ。「今日、産まれるかも、」と先生に伝えて帰宅。

入院準備を持って病院へ。歩いて行こうと試みるものの、途中の坂道でやっぱ無理か、とタクシーへ。が、このタクシー、なぜか病院と反対方向へ!違う!違う!と陣痛をこらえ説明。間違えてました、、お代は無料に。はー、破水せんで良かった。

タクシー降りてから荷物を持って外来へ。途中痛くなると立ち止まる。
待合できたきた、波!とふ~ふ~してると、隣に座ってた妊婦さんの旦那さんに声を掛けてもらう。健診に来てる妊婦さんにリアル陣痛の模様を見せてるのも(カ)と同んなじやな~と思いながらも、待たされる時間が長い!さっき陣痛来てるって言ったよね!!
ようやく呼ばれて腹囲測定と心音確認。この時点ではスタッフも、「今日になりそうですね~」て感じでしたが、、内診したところ先生から「七センチ!お産ですね」と言われ。車椅子!慌てた様子のスタッフに押してもらい急いで病棟へ!へ⁈そんな急ぐ感じなん?着いたらすぐに分娩台へ。ようやく(健)に連絡。「1時間、、もかからないかもよ」と助産師さん。

いよいよ痛みが強くなってきたよ‼︎前回同様「いたいよー!」と口に出してみる。お産の進みのあまりの早さに気持ちがついていかないような。でもあと数回だな、とか考える余裕もアリ。2回目だからか、波が来るのも良く分かり、あー、きたきた、チクショ!みたいな。破水の瞬間も、赤ちゃんの降りてる感じも良く分かる。なかなかいきみオッケーにならないのがもどかしい~!今回はなるべくいきまず出したかったけど、結局始まると無理ですな。最後に力を抜くのが裂けないコツらしいのですが。

そんなこんなで、頭が見えてきた頃、(健)到着。開始30分後くらい?前回もこんなタイミングやったっけな。そこから3回目くらいで、アタマがスルッと!「うんぎゃー、うんぎゃー」
やったー!出た出た!

んで、性別は?「女の子やわ」わーい!
やはり2人目、早かった~!気持ちは朝からのんびりしてたからギリギリでしたわ。消耗が少ないせいか、終わってからもなんか体が元気。けろっとしてるし。病院到着から45分、陣痛から5時間の11時半ちょうど。3200gの女の子でした。

カンガルー抱っこしながら、ホッと一息。(カ)の誕生日が終わってから産まれてくれた分かってる娘(ムギ)ちゃん。おつかれさーん!


やれやれ、あとは入院生活を満喫やわーい。と思いきや。。。
スポンサーサイト



03

03

10:47
Mon
2014

No.0717

2月17日(月)


(カ)3歳になりましたよ~。家で試乗しつつ、カーリングを見守る。
プレゼントは無印の自転車。母は黄色がよかったが、本人の強い希望で赤に。
日曜日にグランフロントに取りに行くはずが、日曜日はなんと休館!そんなん聞いてないし!と無印さんに言うと、店員さんがなんと土曜夜にタクシーで届けてくれました!タクシーでよ!素晴らしいホスピタリティ。無印、利用します!


・焼きそば
・唐揚げ
・アボカドサーモン
・きのこリゾット

16日のお昼にパーティ!自転車に乗り込み、(カ)自らケーキを買いに。ま、まだこげないので(健)が押すのですが。出かける出かけないのイヤイヤ発生で、なかなか苦労して買ってきてくれました。写真撮れず、京町堀レ・グーテのケーキ。美味しかった!!

(カ)様はご飯はそこそこに、飾り付けやクラッカーの飾りを振り回して上機嫌。

3年か、、ほんとおっきくなったなぁ。優しい性格はそのままに、今現在新たな成長期へ立ち向かっている(カ)。「わかってるけど、、甘えたいし!」ていう葛藤が目に見えるような近頃。
叱ることも増えてきたけど、大丈夫、大丈夫よ~と最後は受け止める方針で。自分にも言い聞かせている母さんであった。